交通事故の後遺障害(後遺症)と高次脳機能障害についてのサイトです

 
トップイメージ

交通事故にあわないために

世の中に自動車が生まれて200年以上経っており、移動手段として手軽で便利なものになっています。 自動車免許も昭和から平成になり、倍以上の人が保有しており自動車が身近になりました。 便利になった反面、自動車事故も増え続けています。 自動車を運転する以上、交通事故を起こさない、また、巻き込まれないことを心がけなければいけません。

運転するときは
交通事故は相手がこちらの存在に気づかずに起きる場合もあります。 特に、夕方は薄暗くなってきて気づきにくい事が多いのでヘッドライトを点灯させましょう。
歩行するときは
夜間時に歩道がない道路を運転しているときに、対向車のヘッドライトと歩行者が被って見えずに驚いた経験をされた方が多いと思います。 特に黒っぽい服装だったり小さい子供だと余計に気づきにくくなります。少しでも運転者に歩行者がいることを知らせるようにすることが大事です。

どちらも、まずは相手に存在を知らせるようにしましょう。 歩行者は歩道を歩き、運転者は交差点や横断歩道では周囲に気をつけて安全確認をしましょう。 お年寄りや小さい子供は思わぬ行動に出ることがあります。「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を常に心がけるようにしましょう。

次のページで交通事故に遭遇した時の対応を考えてみましょう。

交通事故のリハビリにヨガがオススメ(参照:ラジュニール) http://www.kuboyama.biz/